尊厳破壊とは

スポンサーリンク

あだちかのサークルの紹介でよく「無様エロ・尊厳破壊に特化した同人サークル」と説明を書きますが、尊厳破壊ってなんだ?と思い考えてみることにしました。

文字の通り、その人の尊厳を破壊し性的に辱めたり苛めたりして、人権を踏みにじるジャンルです。

尊厳とは、尊く、おごそかで、犯してはならないこと。気高く威厳があること。
Google先生はそうおっしゃっています。
その人の犯してはならない部分を穢したり、弄んだりする行為を尊厳破壊と呼んでいる。
というと、すごくしっくりくる気がします。

また、「尊厳破壊」をネットで調べると度々ワンピースの光月おでんが出てきます。
英雄なのに、家族のために道化を演じさせられ、晩年を穢される。
周りからは呆れられたり、失望され、馬鹿にされながらも生前に名誉挽回したり、誤解が解けることはありませんでした。
光月おでんの中の犯してはならない海賊として、家長としての実績を踏みにじるというところが、尊厳破壊と言えるのではないでしょうか。

余談ですが、私が人生ではじめて尊厳破壊に出会ったのは、CLAMPの聖伝という作品でした。
迦陵頻伽(かりょうびんが)という、外の空気を吸うと弱ってしまうほど病弱な、歌の上手いお姫様が登場するんですが、幼くて可愛らしいですが病弱で、はかなげな雰囲気をもつ子でした。
そんな迦陵頻伽は天帝(ラスボス)に野外に放り出され、寒空の下で歌わされ倒れてしまいます。
そのまま迦陵頻伽は息絶え、遺体は天帝のペットの狼に食われるという、悲惨な最後でした。
(うろ覚えなので間違っていたらすみません。あとだいぶ昔の作品ですがネタバレですね。重ね重ね申し訳ない)

エロいシーンはなかったんですが大学生くらいの時にそれを見て興奮した覚えがあります。
姫様がひどい目にあうというのは、王道の凌辱ものですよね。

尊厳破壊作品では凌辱もするんですが、キャラクターの自尊心を傷つけたり、信念やプライドを意図的にへし折ったりするのも大事なポイントだと思っています。

ただ国が滅びて姫が隣国に凌辱されるだけでなく、例えば

  • 自国の旗に大便させる
  • 玉座や元家臣たちの前でオナニー
  • 自国民たちに罵倒される。

など、姫のこれまで信じていたものを、なるべくみじめな方法で踏みにじる。
そういうのが大事だなと。
そうなると、姫のキャラクターを突き詰める必要があります。
姫様は何をこれまで信じて生きてきたのか。どういう信念を持っているのか。
得意なものは何か。穢されたくないものは何か。
姫の尊厳をあらわにする必要があります。

要は、なるべくキャラクターを尊い存在にしたいんです。
尊厳というボールを、なるべく高い位置から地面に落としたいわけです。
エロいシチュエーションはいわば地面をどれだけ深く掘れるか。で
キャラクターの詳細を描くのはどれだけ高い崖が作れるか。なんだと思います。

その高低差があればあるだけ尊厳破壊はエロいんじゃないでしょうか。

まぁいまはキャラクターの詳細は箇条書きで表現することが多いです。
エロシーンに行きつくまでが長くなってしまうと読んでもらえないんじゃないかという不安もあったり・・・。
しかし、いつか物語としてしっかりとキャラクターの信念を伝え、それを穢し苛める作品を作りたいですね。

ピクサーかディズニーのシナリオの書き方にも似たようなこだわりがあった気がします。
キャラクターの信念や譲れないものを設定する。
それがそのままキャラクターの弱点になる。
弱点を突かれて失敗し落ち込む。
それを克服し、ハッピーエンド。

そんな王道な流れがあるようです。
信念が弱点になるというのは、例えば

ロイは乗馬が大得意。乗馬で負けたことは一度もない。
ある日自分よりも乗馬の上手いルーカスという男に会う。
乗馬でどうしても負けたくないロイは、ズルをしてルーカスに勝つ。
しかし不正がばれてしまい、仲間から非難され一人ぼっちになってしまった・・・。

あだちか作「ロイ・ストーリー」より

マルコは乗馬が得意という信念があるばかりに、仲間の信頼を失ってしまいました。
こんな具合に、強い思い入れはその人の弱みになるのです。

尊厳破壊にも似た部分がある気がしますが、あまり感情移入してしまうとエロいよりかわいそうが勝ってしまうので、なるべくキャラクターは快楽堕ちさせたりマゾに転向してハッピーエンド風にしたりしています。

高低差の話のほかに、もう一つ私が拘っているのが、キャラクターを善人にするか悪人にするか、です。
善人の場合は、悪役(ヤンキーとか、悪の組織とか)にやられるだけだと、なんとなくしっくりこない。
物語としては起承までしか描いていないような感覚になり、物足りない気がしてしまうんです。

転結を足すとしたら、善人だったのに悪に染まってしまい、淫乱女になり果てるとか。
実は犯されたい願望があって悪役の登場は想定内だったとか・・・。
とにかくかわいそうで終わりたくないと思っています。

悪役が主人公の場合は、ちょっとかわいそうでも許せるかなと。
女幹部が勇者に倒され、市中引き回しに合うとか。
勧善懲悪の世界なのでそれは見ていて気分がいい感じがします。

どっちも一長一短あるんですが、皆さんはどっち派でしょうか。
主人公は善人派か、悪人派か。
コメントいただけると嬉しいです。

私は悪人キャラの方が容赦なくいじめられるので好きです。

さて、あだちかでは今後も無様エロ、尊厳破壊、強気女受け系の同人作品を主に取り扱ってまいります。
あだちか作品が性癖にピッタリはまるぜ!というド変態紳士のみなさま。
pixivやFANBOXのフォローよろしくお願いいたします。

ご支援いただければそのうち同人が本業になり、今より作成ペースが速まることでしょう。。。
なにとぞ、なにとぞ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました