風俗嬢との関係を終わらせたい人へ

スポンサーリンク

風俗嬢に恋をしてしまった。もしくは恋してしまいそうな人。
金銭的理由や、妻子をもつ立場上関係を断ちたいのに、つい通ってしまう。
そんな方へ、風俗嬢との関係を終わらせる方法をお教えします。

まず、風俗嬢とお客という立場がどういう関係が客観的に見てみましょう

  1. 取引関係: 風俗嬢と客の関係は、基本的には取引の一環です。客は風俗サービスを提供する嬢に対して対価を支払い、その対価と引き換えに特定のサービスを享受します。
  2. プロフェッショナリズム: 風俗嬢は、プロフェッショナルとしての態度を持ち、サービス提供においては客に対して礼儀正しく接することが期待されます。同時に、客も礼儀やルールを守り、相互の尊重が求められます。
  3. 感情の一部: 一方で、風俗嬢と客の関係には感情的な側面も存在します。特に、コミュニケーションや共感がサービスの一環となることがありますが、これはプロフェッショナルな枠組みの中で行われるものです。
  4. 一時的な性的な関与: 多くの場合、風俗嬢と客の関係は一時的な性的な関与を伴います。しかし、これはビジネス上の要素に過ぎず、お互いのプライバシーを尊重することが求められます。
  5. 秘密の場所: 風俗サービスはしばしばプライバシーを重視するため、サービス提供の場所や個人情報は秘密にされることが一般的です。これはお互いの匿名性を保つための一環です。

総じて、風俗嬢と客の関係は法的かつ倫理的なルールに基づいています。ビジネス取引である一方で、お互いがリラックスし、安全にサービスを提供・受けることが期待される関係です。

風俗嬢と客は取引関係です。
疑似恋愛の要素を絡めて接してきますが、それもすべて仕事の一環。
嬢と客が付き合ったという話がネットではよく出てきますが、それは一部の例外です。
もともと風俗嬢になる前に関係があったとか、金銭や容姿に特質したステータスを持っているとか。
もしくは万が一の可能性でたまたまタイミングや心理的な状況によって客と付き合ってしまったりとか。

とはいえ、付き合った後もなにかと苦労は絶えません。
客と付き合うような嬢なら浮気だってしてるのでは?太客との縁はまだ残してる?など
相手を信じられなくなって身を滅ぼしてしまうことも。

一番の解決策は、みなさんが思っている通り、関係を断つことです。
疑似恋愛と割り切れずに本気で片思いしてしまう人ならなおさら、もう風俗にはいかないほうがいいでしょう。

では、どうやって関係を断つか。風俗通いを辞められるかですが。

風俗通いから抜け出すことは難しい過程ですが、以下にいくつかの一般的なアプローチを挙げてみます。ただし、個別の状況によっては専門家の助けが必要です。以下のポイントを参考にしてください。

  1. 専門家の協力を得る: 風俗通いはある種の依存症とも言えます。依存症からの脱却には、専門の医師や心理療法士のサポートが不可欠です。彼らはあなたの状況を評価し、適切な治療計画を立ててくれるでしょう。
  2. トリガーを識別し回避する: 風俗に行くには引き金となるトリガーが存在します。これを識別し、避けることが重要です。例えば、日頃のストレスから遠ざかるや、性的欲求が強いのであれば風俗以外の場所で出会いを探してみる。自身に自信がないことから風俗を求めているのであればダイエットや肌の手入れなど、身だしなみを整えることで自信を育てることができます。
  3. 健康的な習慣を築く: 健康的なライフスタイルは回復の一環となります。規則正しい食事、十分な睡眠、適度な運動は身体と心の健康に寄与し、風俗に頼らなくても良い生活を取り戻しましょう。
  4. 目標を設定し一歩ずつ進む: 大きな目標を細かいステップに分割し、徐々に進んでいくことが大切です。小さな成功体験が積み重なることで、モチベーションを維持しやすくなります。

これらは一般的なアドバイスであり、風俗通いの性質や程度によっては、個別の専門的なアプローチが必要となります。風俗通いを克服する過程で、自分に合った方法を見つけることが重要です。

次にやってはいけない行動をお伝えします。

  1. 風俗嬢本人に相談する:嬢は聞く仕事ですから基本自分から判断はしません。「むずかしいねぇ」とか「あなたの意見に従います」という言い方になります。
    また嬢本人が意見をしてくれたとしても。「好きになっていいよ」と言われれば沼にはまりますし、「あなたのためにならないからもう会わないようにしよう」と言われても、そんなことを言ってくれる嬢にまたはまってしまうかもしれません。
    風俗嬢本人に相談するのは得策ではないでしょう。
  2. 誰にも相談しない:かといって、だれにも相談できないとストレスが溜まってしまいます。そしてそのストレスは風俗でしか発散することができません。
    そうなればいかないとストレスになる。という完全な依存状態ができてしまいます。
    ネットで有料でもいいので相談サービスを利用したり、バーなどの大人の社交場で相談できる人を探したりしてみてください。
    行きつけのスナックなどを作ると、相談もできるし風俗以外の趣味ができるので一石二鳥かもしれません。
  3. 自己診断と治療: 自己診断や自己治療は避けるべきです。なんとなく自分は大丈夫だから~と思っていても、つい孤独を感じたときに風俗にいって癒されたいと思ったりします。またあの子に会いたいと考えてしまいます。プロの医師や専門家の指導のもとで治療を受けることが重要です。
  4. 過度なストレス: 過度なストレスは風俗へ通うトリガーになってしまう可能性があります。ストレスを軽減する方法やストレス管理のテクニックを学ぶことが大切です。
  5. 他の依存症への移行: 他の依存症(例: アルコール、薬物、ギャンブル)への移行を避けることが重要です。これは依存症のサイクルを繰り返すことになります。

いかがだったでしょうか。
自分がなぜ風俗嬢にはまってしまったのかの原因を深く探ることが肝心です。
一人で悩まず相談相手を見つけてください。心療内科などでも相談できます。
どうしても相談する勇気が出ないのであれば、風俗に行く理由を紙に書き出してみてください。

文字に起こすととてもシンプルで、ばかげた理由だということがわかるはずです。
馬鹿げた理由ではあるんですが、自分にとっては重要なことだったり・・・。

風俗以外の趣味や生きがいが見つかることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました