天才剣士少年(男の娘)が徹底わからせ調教で才能を潰されド底辺変態ケツマゾメスにされちゃう話

スポンサーリンク

キャラクター

レオナルド・クロイツ・ラッセル
1〇歳
貴族で天才剣士。純粋な子で剣術の稽古にも熱心
父親を尊敬している

01.彼の生い立ち

僕の名はレオナルド・クロイツ・ラッセル
貴族の名門、ラッセル家の長男に生まれた僕は
父上の才能を受け継ぎ、若くして剣士としての才能を開花させ、
最年少で王国騎士団に入隊した。
騎士団入隊に母上はとても喜んでくれたし
普段厳格な父上が、この時ばかりは僕の肩を叩いて激励してくれた。
きっと、これから僕は騎士団でさらに実力をつけ、ゆくゆくは騎士団長。
そして、王国一の剣士として、世界に名を轟かせるんだろう・・・。
(間)
そう思っていた・・・。
騎士団の先輩、ご主人様に会うまでは・・・。

02.アナル狂い、レオナちゃん

ご主人さまぁ・・・今日も私めの恥ずかしいアナルオナニーを見ていただき
誠にありがとうございます。
ご主人さまにアナル開発されてからというもの、
剣の修行もろくにせず、時間さえあればアナルを弄っております・・・。

(水音)
はぅ・・・
そのせいで、今では騎士団の中で成績は断トツの最下位
最弱剣士になってしまいましたが・・・
それでもわたくしめは構いません・・・
ご主人様にケツマンコいじめていただけるなら
それが何よりの幸せなんです・・・
ご主人さま!ご主人さまぁあ
もうイキマス!いっちゃいそうです!
あぁだめぇ!ご主人様の前で無様イキきめちゃいます!
あぁいぐ!いぐいぐいぐいぐ!
いぐぅううう~~~~~~・・・!!!!
・・・・。
はぁ・・・・はぁ・・・。

03.野外でわからせレイプ

では、自分の身の程を再確認するため、
これまでの経緯を、ケツマンコを弄りながら復習させていただきます
わたくし、レオナルド・クロイツ・ラッセルは
最年少で王国騎士団に入隊しました。
はじめは年上とも互角に渡り合う剣術を見せていましたが
訓練中、ご主人様と組手をすることとなり
私はあろうことか、ご主人様にお怪我をさせてしまいました・・・。
その夜、ご主人様に呼び出され
数人の騎士隊員からレイプ・・・されてしまいました・・・。


君たち!自分が何をしているのかわかっているのか!?
剣術で敵わないからって、徒党を組んで後輩である僕を襲うなんて・・・
王国騎士団兵士としての誇りはないのか!?
な・!僕のズボンを降ろして・・・何をするきだ!離して!

くっ・・・僕を辱めるつもりか・・・
こんなことをして!父上が黙っていないぞ!
ひっ!・・・ど、どこを触ってるんだ・・・
僕の・・おしりに、気安く触るな・・
・・・なんだそれは・・・こいつらの大きくなったおちんちん・・・
僕のよりはるかに長くて・・・太い・・・
え?!な、なんでおちんちんを僕の尻にあてがうんだ・・・?
え?うそ!!まさか!やめて!!やめてぇええ!!!!

(水音)
ひぁ・・・っ!!
あぁああ!くっ・・・いだい・・・お尻がぁああ
お尻がさけるぅううう
おちんちんが!おちんちんが僕のお尻にぃいい
うそ!うそだぁああ!!
あぁ!やめてぇえ!!痛い!痛いよぉ!!!
お願い!抜いて!抜いて抜いて!
本当に割ける!尻がぁ!割けちゃうからぁ!ひぃいい!!!
あぁああ!!

・・・・はぁ・・・はぁ・・・・
お尻が・・・灼けるように熱い・・・
でも終わった・・・すぐに、父上のところへ・・・
・・・え?まだ終わりじゃないの?休んでる暇はないって
待ってよ、まだやるのか!・・・今ので一人目・・・?
全員が僕のお尻の中で満足するまで続けるの・・・?
そんなの、無理だよ・・・お尻が限界なんだ・・・やめてくれ・・・
お、お願いします!辞めてください!父上には内緒にするから・・・
そんな・・・いや・・・いやぁああ!!

ひぃ・・・はひぃ・・・・
わかりました・・・わかりましたから
僕は・・・いえ、私はぁ・・・
ご主人様のアナル便器でしゅ・・・
これからは剣の技術よりもアナルの締め付けスキルを磨きまちゅ
ですから・・・どうかゆるひてぇ・・・・

04.反省アナルアクメ

私が何度許してくださいと泣き叫んでも、ご主人様たちは許してくださらず
一晩中ケツにおチンポを突っ込まれ・・・私のケツは、チンポを受け入れて興奮するケツマンコになってしまったのです・・・。
それから、ことあるごとに呼びだれて、ケツマンコを犯されました・・・。
はじめは抵抗していましたが、抵抗すればするほどひどいことをされると悟った私は
あきらめて、すべてを受け入れるようになりました・・・。
でもそうすると、いままでとは比べ物にならないほどの快感が、わたくしのケツマンコを貫いたのです
あぁ・・・いぎそう・・・いぎそうです・・・!ご主人様。いってもよろしいでしょうか!
チンポも触らず!ケツマンコだけの刺激で!アナル行く!アナルいく!あなるいきますぅう!!!
うぅ・・・!!ふぅ・・・!あぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・

・・・えっと、それからわたくしは、アナル中毒となり、
今では毎晩、ご主人様の寝室に伺っては、こうしてアナルオナニーを披露している次第です・・・。
えへへ・・・。存じております。いまさらこんな普通の無様アナルオナニー観賞ごときではご主人様に喜んでもらえるわけないですよね
名門ラッセル家の長男だった私も、今ではただのけつ穴ゆるゆる変態アナルマゾ。
こんな私がオナニーしたところで何の価値もないんですから・・・♡

ですから今日は、こちら・・・
ラッセル家の宝剣、エクスソードをお持ちしました・・・。
国の繁栄に貢献した限られた貴族にのみ与えられる幻の宝具でございます
これをどうするか。ですって・・・えへへ・・・

05.ラッセル家の宝剣で無様アナル壊しながら敗北宣言

これの柄の部分を、アナルに・・・入れさせていただきます・・・。
はぁ・・・はぁ・・・いきます・・・せぇのぉ・・・・
(挿入音)
おぉおお!!・・・・かはぁつ・・・あああ!!!
おぉ・・・・はぁ・・・はぁ・・・ん・・・・はぁ・・・・
はぁ・・・あぁあああ・・・肛門広がるぅ・・・・アナルきくぅ・・・!
ラッセル家の宝剣さまがレオナのくっさいあなるでけがれちゃう〜
ごめんなさぁいお父様ぁお母様ぁ、、、
レオナルド・クロイツ・ラッセル。いえ、・・・アナル狂いメス豚のレオナちゃんは
ラッセル家の宝剣でアナル広げて
取り返しのつかない変態ケツマンコになっちゃってますぅ・・・
はぁ・・・見えますか?こんなに肛門痛めつけて気持ちよくなっても
おちんぽは一切勃起しません
ご主人様達の度重なるケツマンコ調教で、すっかり前立腺すりつぶされて・・・
もう一生、女の子のオマンコには入れることのできない
精子垂れ流しおチンポになってしまいました・・・
はぁ・・・はぁ・・・
本当なら、貴族の女性と結ばれて、ラッセル家の子孫を残さなければいけない
大事な、大事なおチンポなのにぃ
アナルアクメの気持ちよさに負けて、雄としての機能奪われちゃいました~~
あはは!あはは!わたくしめは今後一生女性様とまぐわえません!そのかわり、
命令されてばどこでもアナルマンコ差し出す売春婦貴族!
それがいまのレオナちゃんでぇす~。
ご主人様ぁ~お願いです!腰振り許可くださいまし!
ケツにくわえこんだエスクソードで、わたくしめの自慢のケツマンコ
ごりっごりに掘削させてください・・・
腸壁削り取って、また一歩、変態アナルに近づけさせて。
私の激よわアナルがんっがんいじめてくださいまし
そしてあさましく腰を振る惨めなわたくしめを見て、存分に嘲笑ってください!
許可ください!腰振り許可!
お願いします!もう限界なんです!
うぅ~!腰ヘコヘコしたいよぉ
アナルフリフリして気持ちよくなりたいのぉ~~~
へこへこ~へこへこさせてくださいましぃ~
いいですか?あ!ありがとうございます!じゃぁ・・・
いきますよ・・・おほ・・・
(水音)
おぉおお・・・・あぁっ・・・
ああ!ふん!うん!
あぁ!気持ちい!気持ちいこれ!あぁ!
ふん!ふん!!うん!すごい!
あぁ!やばいこれ!
アナル広がってってる!アナル!
もうダメなところまでひろがっちゃってる!
戻れないよ!これ!アナルめくれちゃってる!
アナルオナニーに剣術の才能潰されちゃってる!
本来なら王国一の剣士になれたはずなのにぃい
ご主人様たちの悪ふざけで!わたくしのものすごい才能潰されちゃってるぅ!
もう剣術に身が入らないのぉお。
剣を振っててもつい、おちんぽのこと考えちゃう!
おチンポがアナル犯してくださるところ想像して興奮しちゃうの~
うっく・・・!ふん!ふん!
はぁ・・・はぁ・・・
あぁ!はぁ・・・はぁ・・・!
試合の時もそうです。最近は、
勝った時より負けた時の屈辱感の方が気持ちいからわざと負けてます!
負けるたびにおチンポから少しザーメン漏らしてますぅう
ごめんなしゃいぃいい!!
負け射精気持ちいいんですぅううあぁっ・・・あああ!
イキマス!これすごいの来ます!
ご主人様ぁ~~~いっても、いってもいいれしょうかぁ~
もういっていいれしょうかぁ
はい!いつもの通り!無様で恥ずかしい、尊厳破壊アクメいきます!
あぁ!ああ!!けつ!けつまんこいく!
けつまんこ絶頂きます!
おぉ!騎士団の誇りぃい
名門貴族ラッセル家長男~~~
レオナルド・クロイツ・ラッセル~~~
剣の稽古そっちのけでアナル稽古でいぎまずぅうう
これからは剣よりもおちんちん弄りの腕をみがきますぅいく!
剣術の才能潰されて尊厳奪われてイッチャうぅう~~~~
いくいくいくいく~~~~~~騎士団の誇り!騎士団の誇りぃいいい

はぁ・・・はぁ・・・
今日も、レオナちゃんの無様なアナル絶頂見ていただき、ありがとうございました・・・
今後も、剣術の稽古は適当にやって、空いた時間は全てアナルオナニーに費やします・・・
私の人生これから、どうやってアナルで気持ちよくなるかだけを考えて生きていきます・・・。
私は一生、ご主人様専用、ケツマンコ奴隷です。
今後とも、けつ穴調教よろしくお願いいたします・・・。

おまけ

おケツふりふり♪レオナのおケツと雑魚チンポ♡
アナルがばがば♡ちんぽプラプラ♡
どうしようもないはしたない下半身晒して恥ずかしく生きてまーす♡

もう剣術なんかどうでもいいでーす レオナのバカケツ穴におちんぽ頂けたらそれだけで満足です♡
爵位も名誉もなにもありません。すべて種なしザーメンと一緒に流れ出て行ってしまいましたw

無様で惨めな負けオスのレオナにおちんぽのお慈悲ください♡
死ぬほど哀れなメスもどきにお恵みください♡

レオナは一生ご主人様のケツマンコ奴隷です。
捨てられてもずっと好きです♡愛してます♡

おわり

コメント

  1. 名無し より:

    あだちか先生いつも素晴らしい作品をありがとうございます。
    「歪み切った純愛」から先生のファンになりました。
    一見すると甘々に見えて優ちゃんのオスとしてのアイデンティティを根本からぶっ潰している感じ、たまらなく好きです。
    あの独特の雰囲気はあだちか先生にしか描けないんじゃないでしょうか。
    そのくらいオンリーワンな魅力を感じます。
    今後もああいう作品を出していただけるととても嬉しいです。末永く応援しています。創作活動頑張ってください!

    • adachika adachika より:

      ありがとうございます!そう言っていただけると、励みになります。
      続編を出せそうな展開で一旦終わったので、アイデアがたまったら続きを書きたいですね。

タイトルとURLをコピーしました